カテゴリー
未分類

メモ。たぶんこれが根拠になる

この主張と整合的なMIT(マサチューセッツ工科大学)の経済学者達の分析もある( Daron Acemoglu et. al., A MULTI-RISK SIR MODEL WITH OPTIMALLY TARGETED LOCKDOWN) )。

この出来立てほやほや(5月3日公表)の論文では、人々を年齢によって3つの世代に分けたシミュレーションを紹介している。結論として、国民全体に一律の行動制限、ロックダウンをかけるのでなく、世代ごとに分け、特に高齢者世代に絞って、徹底的なロックダウンをかけた方が、健康被害を減らすという意味では断然効果的であり、経済的被害も健康被害もともに最小化できる、ということが示されている。

https://toyokeizai.net/articles/-/348733?page=6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です